和風にら饅頭和風にら饅頭kinoya_s.pngkinoya_s.pngshimakin_s.pngshimakin_s.pnghonda_s.pnghonda_s.pngyamatoku_s.pngyamatoku_s.png

和風にら饅頭和風にら饅頭kinoya.pngkinoya.pngshimakin.pngshimakin.pnghonda.pnghonda.pngyamatoku.pngyamatoku.png

fukkonoayumi.png

HOME > 復興の歩み

みやぎ旬鮮市場、出店各社の被災から復旧、今日までの流れをご紹介します!

kinoya01.jpg

hisai.jpg

工場・事務所ともに全壊状態となり、自社製品の製造が不能となりました。

大津波にのみこまれた社屋(2011.3.14の様子)水が引き数日後、ようやく会社へ津波が去り残された景色シンボルのタンクも約500mほど離れた場所まで流され無残な姿に全壊状態となった工場破壊された倉庫倉庫に缶詰が残っていました泥だらけの缶詰が山積みに

yajirushi.jpg

fukko.jpg

2013年 石巻本社工場と遠田郡美里町に新工場を建設。

美里町工場の丸みを帯びた屋根と開放的なガラス張りの外観は鯨イメージ看板商品の缶詰を作る缶詰製造ライン

石巻の隣町、内陸部の遠田郡美里町に新工場を位置する事で、津波などの災害リスクを分散しよう考えました。
美里町工場は1階には直売所、2階にはカフェも併設。
大型バスなどの駐車スペースも充実しています。

hondasuisan01.jpg

hisai.jpg

津波により二つの工場は流失し、本社工場も建物の損壊と80cmの浸水

80cmの浸水により、機械、設備、車輛が使用不能となりました会社の周辺は78cmの地盤沈下大潮のたび工場に海水が浸水側溝にたまった泥をかく作業社員一丸、1日も早い復興を目指し

yajirushi.jpg

fukko.jpg

仮堤防、排水ポンプの設置により、工場への浸水が治まる

宮城県石巻港の金華さば人気の定番商品ほや人気の定番商品ほや

宮城県のほやの養殖施設も壊滅的被害を受けた中、震災直後は韓国から冷凍ほやを仕入れ、震災前から定番商品の「味付ほや」の生産を始めました。
少しずつ原料の仕入ができるようになり商品のアイテムを増やす事が出来るようになりました。

yamatoku01.jpg

hisai.jpg

すべての工場・生産設備が被災し自社製造は休止になりました。

震災前の社屋二階まで冠水してほぼ全壊全てを破壊していった津波の威力車までもが流れ着いていた震災直後

yajirushi.jpg

fukko.jpg

2013年7月、工場の改修工事が完了し自社製造を開始しました。

改修工事が完了した新社屋被災地の復興へ向け社長自ら催事へ

この度の大震災では、本当に多くの皆様から心のこもったお見舞いの品々や温かい励ましのお言葉をいただきました。皆様御一人御一人の温かいお気持ちが本当にありがたく、言葉に尽くせぬ感謝の気持ちで一杯です。
お陰様でようやく工場の改修工事も完了し自社工場での製造を開始することができました。

kakuto01.jpg

hisai.jpg

本社工場等は大破、直売店と資材倉庫は完全に流失しました。

漁港から150m程の場所にあった本社工場は製造設備棟の他、冷凍庫棟、事務所棟が大破工場内は津波の威力で破壊され津波とともに大量の泥も運ばれた

yajirushi.jpg

fukko.jpg

各工事関係者の方々の奮闘のお陰で主力となる製造施設が仮復旧しました。

従来の製品検査に加えて放射能測定も全ての製造ロットで行っております細心の注意を払って品質向上へ各工程のチェック項目を再点検

在庫していた製品と共に原料・包材・大半の製造機械、お取引の記録など、形あるものだけでも非常に多くのものを失いましたが、大変幸運な事に、従業員は全員の無事が確認できました。

shimakin01.jpg

hisai.jpg

東日本大震災で建物、設備全て流出。

旧工場・東日本大震災による津波で流失建物の中にも・外にもたくさんの物が流れつきました

yajirushi.jpg

fukko.jpg

2013年3月18日より、新工場にて操業の運びとなりました。

移転し営業を再開製造開始当初からセイロで蒸し上げる「二度蒸し」し、香ばしさと自然な茶色をひきだす

工場移転新築にあたり、ご協力いただきました多くの皆様に感謝し、よりよい商品をご提供出来ますよう頑張ってまいります。